CPSM勉強方法、学習時間とコスト

NO IMAGE

1.CPSMの合格基準

CPSMはExam 1、Exam 2、Exam 3の3つの試験に合格する必要があります。コンピューター試験で問題を読んで回答を選択する方式です。各試験は600点換算されて400点以上が合格となります。

  • 3種の試験に合格すること ※英中韓に対応。日本語では受験できません
    • Exam 1:Supply Management Core(180問、3時間)
    • Exam 2:Supply Management Integration(165問、2.75時間)
    • Exam 3:Leadership and Transformation in Supply Management(165問、2.75時間)
  • 4年制大学卒以上の方は3年以上、それ以外の方は5年以上の購買実務経験を持つこと(助手・補助業務を除く)
    合格後、英文証明書の書き方はsupport@ismjapan.orgへお問い合わせください。

Exam 1 課目問題数
Sourcing 戦略調達50
Category management  カテゴリーマネジメント10
Negotiation 購買交渉14
Legal & contractual  法規制と契約21
Supplier relationship management  サプライヤー関係性経営 43
Cost & price management  原価・価格管理18
Financial analysis 財務分析 9
小計165
Exam 2 課目問題数
Supply chain strategy  サプライチェーン戦略        25
Sales & operations planning  販売・業務計画50
Quality management 品質管理14
Logistics & materials management 物流倉庫経営53
Project management  プロジェクトマネジメント8
小計150
Exam 3 課目問題数
Leadership & business acumen  指導力と実務才覚82
Systems capability & technology  情報システム11
Risk & compliance  リスクと法令遵守33
Corporate social responsibility & ethics 企業の社会的責任と倫理24
小計150

2.学習時間

各Examは150時間~200時間で、総計 450時間~600時間が目安です。学習時間は以下によって変動します。

  • 英語の読解能力(ネイティブレベル英語能力も英会話能力も不要です。但し、英語による書面上の業務が十分できる程度は必要です)。以下はISM のテキストに記載されている問題の抜粋です。
    問題例1)
    In supply base analysis, what degree of competition exists when there are only a few local suppliers, and they are similar in behavior and pricing ?

    A. Technical
    B. Limited
    C. Multiple
    D. Fair and Open

    問題例2)
    A commodity manager for DEF, Inc. is conducting an annual business review with a key supplier. The commodity manager meets with the supplier’s sales manager, production supervisor, and a senior member of the engineering staff. During the review, the commodity manager mentions a future business opportunity, but the supplier’s team states that they cannot commit to any new projects until they meet with DEF’s vice president of business operations. In order to have avoided this impasse, the commodity manager would have been BEST served by doing which of the following prior to the meeting ?

    A. Inviting DEF’s senior management to attend the business review
    B. Providing the supplier with details regarding the scope of the new business opportunity
    C. Showing the supplier their scorecard to demonstrate that the opportunity can only be discussed with suppliers that have high KPIs
    D. Conveying to the supplier the personal level of authority the commodity manager has in making commitments for DEF

  • 各課目の基礎知識を保有しているかどうか。英語能力以上に重要なことは、例えば品質管理上の統計分析手法やファイナンスなどのビジネス一般の基礎知識が備わっているかによって学習時間が異なります。

3.勉強方法

  • ある程度の英語能力及びビジネス知識を保有されている方
    ISMの公式テキストで独習しつつ、補強すべき課目についてはその課目を選択して当協会のCPSMセミナーを受講する。
    当協会の講師陣はCPSMに加え大学教授、大手企業の役員・部長レベル、博士号、MBA、中小企業診断士等で且つ当協会が認定する者で構成されています。

  • ある程度の英語能力はあるがビジネス知識に自信のない方
    まずは、当協会のCPSMセミナーを受講する。
    セミナーは録画されていますので、後から繰り返し視聴可能です。ある程度理解してからISMの公式テキストを購入して録画されたセミナーで学習してください。

  • ビジネス知識は保有しているが英語に自信のない方
    support@ismjapan.orgへお問い合わせください。当方で本試験の英語能力の補強についてご相談を承ります。

  • 英語能力およびビジネス知識に自信のある方
    ISMの公式テキストによる独習で大丈夫です。

4.CPSMコスト

以下の合算となります。教材費などは変更される可能性があります。

  • ISM会員登録 : 年会費 150 USドル
    登録は米国ISMサイトよりお願いいたします。CountryでJapanを選択ください。会員には各種特典があります。こちらを参照ください。               
  • ISM公式の学習教材: こちらをご覧ください。
  • CPSMセミナー: 当協会が主催する対策講座です。課目別に受講可能です。お申込みはこちらから。
  • 試験代
    ① Exam 1:229 USドル(非会員 379 USドル)詳細はこちら。
    ② Exam 2:229 USドル(非会員 379 USドル)詳細はこちら。
    ③ Exam 3:229 USドル(非会員 379 USドル)詳細はこちら。
  • 資格証明書発行費用: 89 USドル +送料(詳しくは合格後に案内があります)
  • 継続学習コスト
    日本の資格と違い継続学習が求められます。資格の有効期間は3年です。
    3年間に60時間の学習証明(CEH)が必要です。
    ① ISM会員であれば世界中の有償無償のWebinarが利用できます。
    ② ISM Japanである当協会では毎月2時間のインサイドサプライ講習会(事務手数料として継続受講の場合は1回あたり1,000円が必要です)を提供しています。
    インサイドサプライ講習会はこちらから。
  • 資格更新費用: 89 USドル +送料(詳しくは更新前に案内があります)
    3年間で60CEHの証明書の提出で更新します。

その他ご不明な点があれば、お問い合わせフォームによりご連絡ください。